角川コミック 「玩具修理者」 小林泰三 MEIMU



女が小さかったころ、近所に玩具修理の男がいたという。
その男は壊れたおもちゃを集めると、掛け声一つで完全に修復する技を持っていた。
近所の子供たちはおもちゃを持ち寄っては直してもらっていた。

ある日、女は、おもちゃではなく、死んだ猫を玩具修理者に持っていく友達に会う。
そんなものが直るのかと不思議に思う女を尻目に、友人はぐったりした猫を持って玩具修理屋へと入っていった。

成長した女は、姉の赤子の世話を任されていた。
ある日、女は赤子を死なせてしまう。弟を連れ帰らなければ、姉にひどく叱られる…。

思い余った女は「玩具修理者」に猫を持っていた友達を思い出す。弟もあそこに連れて行けば元通りになるかも知れない、と。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




小林泰三のホラー小説を材料に、MEIMUがマンガとして再構成したもの。
・玩具修理者
・人獣細工
・密室・殺人
・吸血狩り
・本―HON-
・兆―KIZASHI-
の、全6話の短編漫画が収録されています。

300円


e0245376_17125556.jpg





e0245376_17123182.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-17 17:14 | サブカル