<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

題名そのまま、明治から現代までの日本の美人コンテストの歴史、
そして美人コンテストをじて日本のこの百年の女性観の歴史をまとめた本。

美人コンテストとは文字通り女性の美貌をランクつけするもの。
どの時代にはどのような人が応募したか、どのような選考が行われたか、当時の人々はどのように美人コンテストを捉えていたか・・・

明治から現代への風俗史の一面をよく捉えた書として一読の価値があると思います。



¥300





e0245376_1336041.jpg



e0245376_13361256.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-30 13:37 | サブカル
招き猫の文化誌

菊池真・日本招猫倶楽部 編
発行 2001年12月 勉誠出版

"「招き猫は日本の文化です!」日本招猫倶楽部の主張"から始まり
日本人の古くからのマスコット好きに関してや中国の招き猫等・・・
白黒ですが写真も多数あり。なかなかかわいいです。
招き猫イベントカレンダーや招き猫ミュージアムガイドなども収録。
何にでもマニアはいるのを実感する本。
e0245376_140241.jpg
e0245376_140792.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-27 14:00 | サブカル
夏木洋子がしたためた詩や文章を集めた一冊。


「新書館フォア・レディース・シリーズ(FLS)」とは、新書館から主に1970年代に出版されていた、
女性むけの(まさにフォア・レディース!)な一連の書籍たち。


当時のお洒落な待ち合わせが「紀伊国屋のフォア・レディースの前で」だったというほど、
女の子にとって魅力的なシリーズでした。


1500円




e0245376_16452527.jpg





e0245376_16453145.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-21 16:46 | 文学
妖精文庫⑪ ケルト幻想物語集Ⅲ アイルランドの妖精譚
昭和53年 発行
著者 W.B.イエイツ

単行本 ハードカバーです。挿絵はほとんどありません。

¥1500


e0245376_15205525.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-20 15:21 | サブカル


女が小さかったころ、近所に玩具修理の男がいたという。
その男は壊れたおもちゃを集めると、掛け声一つで完全に修復する技を持っていた。
近所の子供たちはおもちゃを持ち寄っては直してもらっていた。

ある日、女は、おもちゃではなく、死んだ猫を玩具修理者に持っていく友達に会う。
そんなものが直るのかと不思議に思う女を尻目に、友人はぐったりした猫を持って玩具修理屋へと入っていった。

成長した女は、姉の赤子の世話を任されていた。
ある日、女は赤子を死なせてしまう。弟を連れ帰らなければ、姉にひどく叱られる…。

思い余った女は「玩具修理者」に猫を持っていた友達を思い出す。弟もあそこに連れて行けば元通りになるかも知れない、と。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




小林泰三のホラー小説を材料に、MEIMUがマンガとして再構成したもの。
・玩具修理者
・人獣細工
・密室・殺人
・吸血狩り
・本―HON-
・兆―KIZASHI-
の、全6話の短編漫画が収録されています。

300円


e0245376_17125556.jpg





e0245376_17123182.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-17 17:14 | サブカル