カテゴリ:サブカル( 14 )

『パンツが見える』 井上章一

パンツが見える。
それを見て喜ぶのは男性で、見られて恥じらうのは女性。
でも、つい50年ほど前まで、たかがパンツごときでときめく男はいなかった。
なぜなら、和服の女性はパンツを穿いていなかったから、ふとしたはずみで
チラリと見えてしまうのは、パンツなんかじゃなかった……。
「陰部を見られても、場合によっては仕方ない」、それが戦前の女性の感覚だったはず。
だから、多くの女店員が裾の乱れを恥じて墜落死したという「白木屋ズロース伝説」は眉唾だ、と説き起こす。
「パンツ」をめぐる感性の興亡を考証する、著者10年の思索の結実。(裏表紙、内容紹介より)

¥500


e0245376_16365159.jpg



e0245376_16365624.jpg



e0245376_1637297.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-07-05 16:37 | サブカル
起きた脳ミソではゼッタイに思いつかない奇想天外な「夢」の数々。
眠った脳の未知なる世界を「作品」化し、いまだ解明されることのない「夢」の神秘に迫る前代未聞の試み。
95年刊「夢蔵」の改題新装版。

頭を使わずに、ぼけーっと、眺めてるだけでなんだかおかしいです。
シュールなイラストもイカしてます。

¥800


e0245376_1627214.jpg



e0245376_16271729.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-06-12 16:28 | サブカル

ホラー映画に限らず、あらゆる映画の切株表現をカバーしている。
映画誕生120年の歴史の中で、ホラー映画に限らず、
あらゆる映画の切株表現「人体破壊描写」に焦点を合わせ、残酷の歴史を一挙公開した作品。

¥500

e0245376_16372376.jpg



e0245376_16372855.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-06-10 16:38 | サブカル
ずっと昔のモノクロ映画

道に落ちてる枯葉

そっと話しかけてくれる本

さりげなく撮ってみたポラロイド写真

わくわくするような雑貨屋さん

60’sの香りのする古着たち

ホッとするお気に入りのティールーム

ジャケットがいかしてるレコード

とっておきの遊園地の秘密

パッケージが楽しいお菓子の話


普段は気づかないことだって、心のアンテナをのばしていれば大丈夫。
身のまわりにいろんなハッピーなことがあるってこと、いつも、わすれないで。


春夏秋冬それぞれにAtoZが用意されていて、映画や音楽、本、人物、美味しい湯豆腐屋さんまで
様々なキーワードをが羅列されている。各季節の扉絵はカラフルな可愛いコラージュと詩が印象的。
全ページがカラーで懐かしいジャケットや映画の写真がふんだんに使用されていてパラパラ捲って眺めるのも楽しい一冊です。

¥800


e0245376_13101843.jpg



e0245376_13111254.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-04-04 13:12 | サブカル
カバラ、占星術、タロット、錬金術、妖術、サバト、黒ミサ……
俗に黒魔術と称されているオカルティズムをめぐってさまざまなエピソードを紹介したエッセイ集。

1960年代に発表された本書は、刊行後強烈なインパクトを与えたことでも知られ、
このジャンルの書物が続出するひきがねとなった先駆的作品である。

¥4000



e0245376_16193119.jpg





e0245376_16192534.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-02-08 16:21 | サブカル
題名そのまま、明治から現代までの日本の美人コンテストの歴史、
そして美人コンテストをじて日本のこの百年の女性観の歴史をまとめた本。

美人コンテストとは文字通り女性の美貌をランクつけするもの。
どの時代にはどのような人が応募したか、どのような選考が行われたか、当時の人々はどのように美人コンテストを捉えていたか・・・

明治から現代への風俗史の一面をよく捉えた書として一読の価値があると思います。



¥300





e0245376_1336041.jpg



e0245376_13361256.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-30 13:37 | サブカル
招き猫の文化誌

菊池真・日本招猫倶楽部 編
発行 2001年12月 勉誠出版

"「招き猫は日本の文化です!」日本招猫倶楽部の主張"から始まり
日本人の古くからのマスコット好きに関してや中国の招き猫等・・・
白黒ですが写真も多数あり。なかなかかわいいです。
招き猫イベントカレンダーや招き猫ミュージアムガイドなども収録。
何にでもマニアはいるのを実感する本。
e0245376_140241.jpg
e0245376_140792.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-27 14:00 | サブカル
妖精文庫⑪ ケルト幻想物語集Ⅲ アイルランドの妖精譚
昭和53年 発行
著者 W.B.イエイツ

単行本 ハードカバーです。挿絵はほとんどありません。

¥1500


e0245376_15205525.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-20 15:21 | サブカル


女が小さかったころ、近所に玩具修理の男がいたという。
その男は壊れたおもちゃを集めると、掛け声一つで完全に修復する技を持っていた。
近所の子供たちはおもちゃを持ち寄っては直してもらっていた。

ある日、女は、おもちゃではなく、死んだ猫を玩具修理者に持っていく友達に会う。
そんなものが直るのかと不思議に思う女を尻目に、友人はぐったりした猫を持って玩具修理屋へと入っていった。

成長した女は、姉の赤子の世話を任されていた。
ある日、女は赤子を死なせてしまう。弟を連れ帰らなければ、姉にひどく叱られる…。

思い余った女は「玩具修理者」に猫を持っていた友達を思い出す。弟もあそこに連れて行けば元通りになるかも知れない、と。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




小林泰三のホラー小説を材料に、MEIMUがマンガとして再構成したもの。
・玩具修理者
・人獣細工
・密室・殺人
・吸血狩り
・本―HON-
・兆―KIZASHI-
の、全6話の短編漫画が収録されています。

300円


e0245376_17125556.jpg





e0245376_17123182.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-01-17 17:14 | サブカル
チェブラーシカなどのパペットアニメは子供のみならず、大人でも楽しめる作品が多いです。
そのパペットアニメの監督や作品に焦点を当てた本です。

¥1200

e0245376_164892.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2012-12-18 16:48 | サブカル