カテゴリ:未分類( 6 )

フランスの作家ジョリス=カルル・ユイスマンスによる小説、澁澤龍彦訳。

1884年に刊行され、「さかしま」は「逆さま」「道理にそむくこと」といった意味。

ハードケースや帯に日焼けや破れありますが、中は綺麗です。
お探しの方、是非いかがでしょうか。

¥2500


e0245376_1291061.jpg


e0245376_1292940.jpg


e0245376_1295759.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-04-19 12:10


アンディ・ウォーホルが描いたミッキーが表紙の素敵な本です。

アンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、チャールズ・ショルツ、マイケル・ジャクソンなど、
世界のアーティストたちが思いおもいに腕をふるって制作した「私のミッキーマウス」110点。
いろんなかたちの「ミッキーへの愛」が詰まっています。

¥2000

e0245376_16582618.jpg


e0245376_16583699.jpg


e0245376_165848100.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-04-14 16:59
薬局で買える死ねるクスリから,
最も安楽に死ねる方法まで,
聖書より役に立つ,コトバによる自殺装置。



「クスリ」「首吊り」「飛び降り」「手首・頸動脈切り」「飛び込み」
「ガス中毒」「感電」「入水」「焼身」「凍死」「その他の手段」
の11種類の方法をそれぞれ
「苦痛」「手間」「見苦しさ」「迷惑」「インパクト」「致死度」
でガイドブックのごとくランク付けし、それぞれの正しい(死に損なわない)方法を紹介しています。

「死ぬってこんなに大変なのか、じゃあここを乗り越えるほうが楽かも。」と感じることも
「そっか、いざとなったらいつでも死ねるのか、じゃあもう少し頑張ってみるか。」と考えることもできるかも。。。


1933年の発売から、話題を呼んで重版を繰り返しベストセラーとなった超問題作です。


¥500




e0245376_14381044.jpg




e0245376_14385424.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-04-11 14:39
My Fellow Dogs(トレヴィル)


犬の写真集ですが、一味違います。
犬への愛、犬からの愛を感じる写真の数々。
可愛いだけじゃない、中にはなんとなく切ない気持ちになるような写真も。
犬好きはもちろん、そうでない人にもすすめられます。そんな犬本は珍しいですよね。

¥1200



e0245376_1501461.jpg




e0245376_150920.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2014-02-27 15:00
愛されつづけるフェアリーたち 妖精の世界展 -The World of Fairies-

1998年 集巧社

ケルト神話の時代から、現代の妖精までの歴史と作品。日本人作家も掲載されています。
写真は大きくないですがフルカラー、装丁もかわいい本です。

¥800

e0245376_1857282.jpg

e0245376_185732.jpg

e0245376_1857457.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2012-12-10 18:51
おもちゃ博物館⑦ おもちゃ絵・立て版古
京都書院 1992年7月

¥1500
e0245376_17514741.jpg

[PR]
by nandaya_book | 2011-10-31 17:49